名古屋のビジネスホテル 金山プラザホテルスタッフブログ


calendar

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

☆名古屋ボストン美術館 展覧会 「ジム・ダイン」☆

2011/04/08 08:48

☆名古屋ボストン美術館 展覧会 「ジム・ダイン」
―主題と変奏:版画制作の半世紀☆

名古屋ボストン美術館のやど 金山プラザホテル

☆名古屋ボストン美術館 展覧会 「ジム・ダイン」
―主題と変奏:版画制作の半世紀☆

右:《赤いバスローブ》 1969年  左:《自画像:風景》 1969年
右:《赤いバスローブ》 左:《自画像:風景》 1969年
© 2011 Jim Dine Courtest Museum of Fine Arts, Boston.

 

期間 2011年4月23日(土)~2011年8月28日(日)
開館時間 
火~金曜日 10:00~19:000
土・日・祝休日 10:00~17:00
最終入館 閉館の30分前

休館日 
月曜日 (祝祭日、振替休日の場合は、その翌日)
年末年始

入館料金
一般 (前売り)1,000円、当日1,200円
シルバー・学生(前売り)700円、当日900円
中学生以下 無料

☆名古屋ボストン美術館 展覧会 「ジム・ダイン」
―主題と変奏:版画制作の半世紀☆

絵画、版画、彫刻、パフォーマンスなど、多彩な活動で知られる
ジム・ダイン(1935年~)。1960年代にアメリカのアートシーン
で注目されて以来、75歳を迎えた現在でも独創的な創作活動を
続けています。今回の展覧会では、日本でよく知られている
(ハート)(バスローブ)(道具)など身近なモチーフを描いた
シリーズに加え、日本ではほとんど紹介していないピノキオ
シリーズなど152点を紹介し、ダインの版画製作の軌跡
をたどります。

ダインはこれまでに1,000点以上の版画を制作してきました。
しかし、ダインには最終版、完成版はなく、常にそのイメージ
を変容させる方法を考えています。
そして、彼の衰えることのないアイディアを通じて、イメージ
は再生し続けています。

【イベント】
《講演会》 ジム・ダイン―主題と変奏 (逐次通訳付き)
 版画制作の半世紀 講師 クリフォード・S.アクレー氏
(ボストン美術館 版画・素描・写真部 部長)
 
日時 4月23日(土)14:00~15:30
会場 名古屋都市センター11階 ホール 名古屋ボストン美術館と同じビル内
定員 150名/当日先着順/聴講無料

《講演会》ジム・ダインが語るジム・ダインの現在(事前申込制)
対談者 ジム・ダイン氏・クリフォード・S.アクレー氏
(ボストン美術館 版画・素描・写真部 部長)との対談形式 ※通訳付き
日時 4月24日(日)14:00~15:30
会場 愛知県立芸術大学 奏楽堂(愛知郡長久手町大字岩作字三ヶ峰1-114)
定員 200名/事前申込制/聴講無料

《講演会》アメリカ現代版画の制作現場から
講師 木戸均 氏(版画工房キドプレス代表)
日時 6月25日(土)14:00~15:30
会場 名古屋都市センター11階 ホール
定員 150名/当日先着順/聴講無料

ギャラリーガイド 日時
5月14日(土)14:00~14:30
6月11日(土)14:00~14:30
7月16日(土)14:00~14:30
集合場所 4階展示室前
定員 40名/聴講無料 但し、当日入館券が必要です

ボストン美術館でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋のホテル・金山プラザホテル

イベント情報, 名古屋ボストン美術館 | comments&trackback(0)

☆名古屋ボストン美術館 錦絵の黄金時代☆

2010/11/14 09:17

~名古屋ボストン美術館 錦絵の黄金時代~
ボストン美術館 浮世絵名品店
錦絵の黄金時代「清長・歌麿・写楽」

期間 2010年10月9日(土)~2011年1月30日(日)
開館時間 
火~金曜日 10:00~19:000
土・日・祝休日 10:00~17:00
最終入館 閉館の30分前

休館日 
月曜日 (祝祭日、振替休日の場合は、その翌日)
年末年始

入館料金
一般 (前売り)1,200円、当日1,400円
シルバー・学生(前売り)1,000円、当日1,200円
中学生以下 無料

極上の彩、一世紀ぶりに日本見参!

ボストン美術館の5万点にのぼる浮世絵版画コレクションは、
貴重な作品群の宝庫として知られています。加えてこれまで
ほとんど公開されてこなかったため、このコンデションは
抜群です。前回の「浮世絵名品展」第1弾でヴェールを脱いだ
コレクションは、どれも摺られた当時のような鮮やかな
発色で、これまでの浮世絵観を変えてしまうほど
センセーショナルなものでした。

待望の第2弾となる今回は、清長、歌麿、写楽などご存知の
浮世絵師が活躍した天明・寛政年間(1781-1801)の作品を
中心に紹介します。町人文化が花開いたこの時代は、個性
豊かな絵師たちが、これまでにない斬新な構図と色合いの
作品を次々と生み出し、まさに錦絵の黄金時代でした。
極めて珍しい清長の初期作品や歌麿の役者絵、歌麿芸術の
絶頂期とされる雲母摺(きらずり)の美人大首絵、
そして21点の写楽の役者絵など選りすぐりの名品約140点を
一堂に公開します。

東洲斎写楽《松本米三郎のけはい坂の少将、実はしのぶ》

東洲斎写楽《市川男女蔵の奴一平》

喜多川歌麿《青楼遊君合鏡 丁子屋内 雛鶴 雛松》

boston_1

東洲斎写楽《市川男女蔵の奴一平》

boston_2

 

© 2010 Museum of Fine Arts, Boston. All rights reserved.

ボストン美術館でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋のビジネスホテル金山プラザホテル

kanayama_plaza, 名古屋ボストン美術館 | comments&trackback(0)

☆名古屋ボストン美術館 「ザ・風景」展、「時の遊園地」展☆

2010/04/28 10:28

~名古屋ボストン美術館~

- 「ザ・風景」展、「時の遊園地」展 -

◇名古屋のホテル・金山プラザホテルスタッフブログ◇
米国ボストン美術館が所蔵している現代アートの風景画を集めた「ザ・風景 変貌する現代の眼」展がいよいよ開幕しました。
リキテンスタイン、フランケンサーラー、ホックニーなどの20世紀から現代にかけて活躍する豊かな個性と感性をもった30人の画家の作品を紹介いたします。
4メートルを超える大型作品も多く、そのほとんどの作品が日本初公開となる必見の展覧会です。

「ザ・風景」展
期間 2010年4月24日(土)~2010年9月12日(日)

「時の遊園地」展
期間 
前期 2010年4月24日(土)~2010年6月27日(日)
後期 2010年7月3日(土)~2010年9月12日(日)
6月28日(月)~7月2日(金)は展示入れ替えのため休室いたします。

開館時間 
火~金曜日 10:00~19:000
土・日・祝休日 10:00~17:00
最終入館 閉館の30分前

休館日 
月曜日 (祝祭日、振替休日の場合は、その翌日)
年末年始

入館料金
一般 1,200円
シルバー・学生 900円
中学生以下 無料

【展示詳細】
画家は自然の美しさや雄大さ、そして都市の何気ない様子を描いてきました。
そしてそれらの作品は、国や時間を越えて私たちの心を惹きつけ、想像力を駆り立ててきました。画家の目を通して表現された風景は、私たちがいかに自然とかかわり生きてきたかを映し出しており、そのあり方を考えるきっかけを与えてきました。本展覧会では、ボストン美術館が所蔵する作品を通して、ホックニー、リキテンスタイン、フランケンサーラーなど20世紀から現代にかけて活躍する画家がどのように私たちを取り囲む世界を表現してきたかを探ります。

 

マーサ・ダイアモンド《青い影のある街#3》1994年

マーサ・ダイアモンド《青い影のある街#3》1994年
油彩、リネン243.8×121.9cm
Gift of Amy and John Berylson 2003.279
© Martha Diamond
© Museum of Fine Arts, Boston

 

ボストン美術館でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
tel 052-331-6411

名古屋のビジネスホテル金山プラザホテル

名古屋ボストン美術館, 周辺施設情報 | comments&trackback(0)

☆名古屋ボストン美術館 永遠(とわ)に花咲く庭☆

2009/12/04 17:35

~名古屋ボストン美術館 永遠(とわ)に花咲く庭~

○名古屋のホテル・金山プラザホテルスタッフブログ○
17-19世紀の西洋植物画
期間 2009年12月12日(土)~2010年4月4日(日)
開館時間 
火~金曜日 10:00~19:000
土・日・祝休日 10:00~17:00
最終入館 閉館の30分前

休館日 
月曜日 (祝祭日、振替休日の場合は、その翌日)
年末年始

入館料金
一般 1,200円
シルバー・学生 900円
中学生以下 無料

バラ・ツバキなど、17-19世紀に制作されたヨーロッパの
植物画の秀作114点により、西洋植物画の発展と歴史を紐解く
展覧会が12月12日(土)より開催いたします。

「フローラの神殿」 ロバート・ジョン・ソーントン 1799年
「フローラの神殿」 ロバート・ジョン・ソーントン 1799年

「ツバキ属誌」サミュエル・カーティス 1819年
「ツバキ属誌」サミュエル・カーティス 1819年

植物画は、植物の生態を記録する科学的な観点と花々の
美しさを愛でるという鑑賞の目的との双方から発達して
きました。なかでも、17世紀から19世紀にかけての西洋
では、植民地の拡大に伴い異国の植物への関心が高まり、
また王侯貴族に始まった庭園造成の趣味はガーデニング
として庶民にまで広がりました。
そこに印刷技術の発達という要素も加わり、「植物画の
黄金期」といわれる一時代が形成されました。

今回の名古屋ボストン美術館 永遠(とわ)に花咲く庭
ではこの時期に制作された114点の秀作を選び、時を超えて
色鮮やかに咲き続ける花々の魅力とともに、西洋植物画
の発展の歴史とともに紐解いていきます。

講演会
「ボストン美術館のコレクションでたどる植物画の歴史」
日時 12月12日(土)14:00~15:30
講師 ナンシー・キーラー氏(ボストン美術館 研究員)
逐次通訳付き

「描かれた植物をみる愉しみ」
日時 1月23日(土)14:00~15:30
講師 大場秀章 氏(東京大学名誉教授)

両講演会ともに
会場 名古屋都市センター11階 大研修室
定員 150名 当日受付
※定員になり次第お断りする場合があります。
聴講無料

名古屋ボストン美術館学芸員によるギャラリートーク
1月30日(土)、2月20日(土)、3月27日(土)
各回とも14:00~14:30
集合場所 4階展示室前
定員 20名 参加費無料但し入館料が必要です。

クリスマス企画
オリジナル花カレンダーを毎日先着100名様にプレゼント
12月22日(火)~12月27日(日)
オリジナル花カレンダー

フランスの植物画家ルドゥーテの「バラ図譜」をはじめ、
時を超えて色鮮やかに咲き続ける花々の作品を、ぜひ
家族、お友達などをお誘い合わせの上ご鑑賞ください。
静かに絵を鑑賞するひと時を・・

ボストン美術館でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋のビジネスホテル金山プラザホテル

kanayama_plaza, イベント情報, 名古屋ボストン美術館 | comments&trackback(0)

☆名古屋ボストン美術館 ヴィーナス展☆

2009/06/29 08:49

名古屋ボストン美術館 ヴィーナス展

愛と美の女神 ヴィーナス
ーギリシャ神話から現代へー
二千三百年の時を超えて、オリジナルの微笑みが来日!
アフロデューテ頭部、通称「バートレットの頭部」
白い大理石の頬に柔和な微笑みをたたえたこのアフロデューテ
の頭部はボストン美術館が誇る至宝です。

アフロデューテ頭部、通称「バートレットの頭部」

期間 2009年7月18日(土)~2009年11月23日(月・祝)
開館時間 
火~金曜日 10:00~19:000
土・日・祝休日 10:00~17:00
最終入館 閉館の30分前

休館日 
月曜日 (祝祭日、振替休日の場合は、その翌日)
年末年始

入館料金
一般 1,200円
シルバー・学生 900円
中学生以下 無料

ビーナスの起源
ビーナスはもともとギリシャ神話のアフロディーテですが、
この女神の起源は、さらにさかのぼって紀元前3000年紀の
メソポタミアまでさかのぼることができます。
メソポタミアではアフロデューテと似た女神が崇拝されて
おり、それが変化しながらギリシャへ伝わってアフロティーテ
となりました。そしてそれがローマに入りヴィーナスと
なりました。
女性像
テル・ジュディア(シリア)出土、前3100年頃、ブロンズ
女性像

ヴィーナスと神話
女神にまつわる神話は、海の泡からの誕生、トロイの王子
パリスによる美人コンテストでの勝利、夫へファイスト
と愛人アレスとの三角関係や悲恋など、数多く伝えられて
ます。古代ギリシャ、ローマ時代の作品をはじめ、近現代
の絵画や版画、工芸品などを手かがかりに、女神をめぐる
数々のエピソードをたどります。
マルスとヴィーナス ニコラ・プッサン 1630年頃
eマルスとヴィーナス ニコラ・プッサン 1630年頃

ヴィーナスと美
ヴィーナスな美の象徴であり、人々は理想の女性美を求め
この女神の姿美術作品として表現してきました。
つまりヴィーナスの姿は、時代の美の最前線であり、美を
追求する女性たちにとってヴィーナスは憧れの存在であり
宝飾品や化粧道具などのモチーフとしても登場しています。
古代から現代までの美の理想を求める女性たちの思いを
振り返ります。
アフロデューテ像(カピトリーノ・タイプ)のトルソ
ラッツィオ(イタリア)2世紀
アフロデューテ像(カピトリーノ・タイプ)

愛と結婚
ヴィーナスは、自ら恋多き女神であっただけでなく、神々や
人間の愛を取り持ち、結婚の守護神として活躍しています。
結婚式で用いるつぼなどにはヴィーナスに関連した図柄が
多く見受けられます。作品の数々には、愛の成就や幸せな
結婚を願ってヴィーナスの庇護を求めた人々の思いが込め
られています。
酒杯(スキュフォス)ヒエロン(陶工)、マクロン(画工)、
ギリシア、前490年頃、赤像式陶器
酒杯(スキュフォス)

ヴィーナスと信仰
ヴィーナスに対する崇拝は、古代ギリシャ、ローマ世界の
各地にみられます。ヴィーナスへの奉納品など多くの遺品
が出土しています。とりわけローマ帝国では、国の伝説上
の始祖アエネアスの母として、盛んな崇拝を受けました。
ここでは、信仰の対象としての側面を掘り下げます。
アエネアスに武具を授けるヴィーナス
ルーカ・ジョルダーノ(イタリア)、1680-82年、油彩、カンヴァス
アエネアスに武具を授けるヴィーナス

ボストン美術館でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋のビジネスホテル金山プラザホテル

kanayama_plaza, イベント情報, 名古屋ボストン美術館 | comments&trackback(0)

☆名古屋ボストン美術館☆

2009/04/15 15:37

名古屋ボストン美術館
平成11年(1999年)開館
開館10周年記念 ゴーギャン展
2009年4月18日(土)~6月21日(日)

名古屋ボストン美術館10周年特別記念展
「ゴーギャン展ー我々はどこから来たのか、我々は何者か、
我々はどこに行くのかー」が開催されます。
日本での初公開が待たれていた
~我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこに行くのか~
の日本初公開となるゴーギャン展です。

ボストン美術館が所蔵する油彩画、木彫レリーフ、版画連作に
国内美術館が所蔵する作品を加えた約40点を展示いたします。

印象派の影響が見られる初期油彩画や独自の表現が際立ち始める
ブルターニュ以降の作品、タヒチ以降の
近代絵画史上最高傑作のひとつであると知られる本作を生み出した
ゴーギャンの姿を追うとともに、この作品が問いかける人間の
存在意義を今日生きる私たちの視点からあらためて考えていきます。

ミュージアムショップ~すてきなアートグッズを~
3階にあるミュージアムショップでは
ボストン美術館と協力して、デザイン性のある
ミュージアムグッズを販売しております。
ミュージアムショップ

ボストンカフェ~カフェで一休み~
1階入り口にあるカジュアルスタイルのカフェです。
お待ち合わせにご利用下さい。
ボストンカフェ

同時開催
ノリタケデザイン100年の歴史
5階オープンギャラリー
4月18日(土)~8月30日(日)
明治37年(1904年)名古屋則武で創立された日本陶器合名会社
は、日本初のディナー皿を開発し、多くの洋食器を製造して
わが国の洋食産業の礎を築いてきました。
今回、㈱ノリタケカンパニーリミテドの全面協力により、
同社が所蔵するオールドノリタケはじめ、デザイン画帳や
花瓶、などの華やかなノリタケチャイナをご覧下さい。
ノリタケ
名古屋ボストン美術館
金山プラザホテルより徒歩10分程の距離にあります。
研修会のお帰りにぜひ時間をとっていただいて
ご覧下さい。

名古屋でのご宿泊は金山プラザホテルへご予約ください。
でんわ 052-331-6411

名古屋のビジネスホテル金山プラザホテル

ゴーギャン

kanayama_plaza, イベント情報, 名古屋ボストン美術館 | comments&trackback(0)

名古屋ボストン美術館 ゴーギャン展のご案内

2009/03/13 13:37

4/18より金山駅南口 名古屋ボストン美術館開館10周年を記念して
「ゴーギャン展」が開かれます。

ゴーギャンといえば言わずと知れた後期印象派の巨匠。
ゴッホやセザンヌ、スーラなどと共に美術の教科書でもよく見る名前ですね・・・

実物の絵というのは想像以上に大きく迫力があります。
書き手の訴えている事が伝わってくる・・・といっても言い過ぎではないかとおもいます。

またと無い機会とも言われています。 是非直接ゴーギャン(ゴーガン)をご覧下さい。

「ゴーギャン展 -我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか-」
2009年4月18日(土)~6月21日(日)
名古屋ボストン美術館 4階ボストンギャラリー

名古屋ボストン美術館にお越しの際は
金山プラザホテルをご利用下さい。

suzuki, 名古屋ボストン美術館 | comments&trackback(0)

名古屋ボストン美術館2008年11月の展示

2008/11/15 01:32

名古屋ボストン美術館 2008/11~12

10/18

12/21

日米修好通商条約締結150周年記念

ペリー&ハリス

泰平の眠りを覚ました男たち

suzuki, 名古屋ボストン美術館 | comments&trackback(0)