名古屋のビジネスホテル 金山プラザホテルスタッフブログ


calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

☆★ 徳川美術館 企画展「茶の湯の名品」☆★

2015/09/15 13:35

○ 金山プラザホテルスタッフブログ ○

~徳川美術館 企画展「茶の湯の名品」~

会期
平成27年9月19日(土)~11月8日(日)

開館日時
10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日 月曜日

観覧料
一般1,200円 高大学生700円 小中学生500円
毎週土曜日は小・中・高校生無料

徳川美術館には、室町将軍家の宝物で、桃山時代以降、唐物の
粋として賞翫され続けた「東山御物」や、茶人たちに愛蔵され
「大名物」「名物」の称号を与えられた道具などの名品が数多く
伝えられています。さらに、岡谷家をはじめとする名古屋の旧家
からの寄贈も受け、充実した茶道具のコレクションとなっています。

本展では、足利義満・義政などの室町将軍や、織田信長・豊臣秀吉・
徳川家康ら天下人をはじめとする戦国大名、そして武野紹鷗・
千利休・古田織部・織田有楽といった茶の湯の名人が所持していた
道具に光を当て、その魅力と伝来の様相を紹介します。

記念講演会「わび茶のながれ」
武者小路千家家元後継 千宗屋氏
平成27年10月17日(土)13:30~15:00
徳川美術館講堂
※入館者聴講自由

名古屋でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋のホテル・金山プラザホテル

名古屋へお越しの際は
名古屋ビジネスホテル・金山プラザホテルを是非ご利用くださいませ。

イベント情報, 美術館 | comments&trackback(0)

☆徳川美術館 企画展「白と黒がおりなす世界」☆

2015/06/12 14:49

~徳川美術館 企画展「白と黒がおりなす世界」~

○名古屋のホテル・金山プラザホテルスタッフブログ
会期
平成27年6月13日(土)~7月26日(日)

開館日時
10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日 月曜日

観覧料
一般1,200円 高大学生700円 小中学生500円
毎週土曜日は小・中・高校生無料

白と黒は、すべての色彩の極限にある色です。対極をなす一方で、
その濃淡により無限の階調が生み出され、最も単純でありながら、
二つの色が織りなす世界は実に美しく豊かです。白と黒、拮抗し
互いに響き合う美の世界と色の秘密を、絵画や陶磁・漆工・金工
など多彩な分野から探ります。

【記念公演】
ギャラリー・トーク(担当学芸員が展示解説します。)
6月26日(金)・7月5日(日)
①11:30~②14:30「~(各約30分)
※入館者聴講自由

名古屋でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋のホテル・金山プラザホテル

名古屋へお越しの際は
名古屋ビジネスホテル・金山プラザホテルを是非ご利用くださいませ。

イベント情報, 美術館 | comments&trackback(0)

☆☆ 古川美術館 企画展「四季暦~青春之章」 ☆☆

2015/03/11 11:00

◇ 金山プラザホテルスタッフブログ ◇

企画展「四季暦~青春之章」

期間 2015年3月14日(土)~5月10日(日)
休館日 月曜日
※ 但し、5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館

開館時間 10:00~17:00

料金 大人1,000円 高・大学生 500円 小・中学生300円

いにしえでは、自然界や人間社会の諸現象は木・火・土・金・水
の五つの要素が循環することで森羅万象の生成・変化が起こる
と考えられていました。そしてその考え方は季節においても
応用され、春は「青春」、夏は「朱夏」、秋は「白秋」、
冬は「玄冬」といった美しい言の葉で表されます。
今年度の古川美術館では、館蔵品を通じてこの美しい
四季を巡ります。

春にあたる本展では、青春之章と題し冬の寒さから開放され、
活動を再開する生命、まさに喜びに満ちた季節・春を展示します。
現在では人生の若々しく溌剌とした時を青春といいます。
それはまさに季節になぞらえると≪春≫といえるでしょう。

命芽吹く青春、美しく咲き誇りあたりを明るく演出する花、
凍てつく寒さから徐々に温かみをまし色付く風景、春を
感じさせる食、初々しい可憐な少女像など、≪春≫を
様々な観点から味わいます

古川美術館:名古屋市千種区池下町2丁目50番
お問い合わせ 電話番号 052-763-1991

名古屋でのご宿泊は金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋のビジネスホテル・金山プラザホテル

名古屋へお越しの際は
名古屋ビジネスホテル・金山プラザホテルを是非ご利用くださいませ。

イベント情報, 美術館 | comments&trackback(0)

☆徳川美術館 特別展「尾張徳川家の雛まつり」☆

2015/02/05 08:43

~徳川美術館 特別展「尾張徳川家の雛まつり」~

○名古屋のホテル・金山プラザホテルスタッフブログ
会期
平成27年2月7日(土)~4月5日(日)

開館日時
10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日 月曜日

観覧料
一般1,200円 高大学生700円 小中学生500円
毎週土曜日は小・中・高校生無料

徳川美術館には、尾張徳川家の姫君のためにあつらえられた
雛人形や雛道具が伝来しており、いずれも御三家筆頭の名
にふさわしい質の高さを誇っています。特に、一つ一つ
に家紋が入った雛道具は実際の婚礼調度のミニチュアで、
その精緻な美しさには目を見張るばかりです
大名家ならではの、豪華で気品ある雛の世界を紹介します。

特別企画「目で見る雛まつり -十二単着装公開」
平成27年2月28日(土)
①11:00~12:00・②14:00~15:00
会場:徳川美術館 講堂
講師:財団法人 民族衣裳文化普及協会
入館者見学自由

特別展限定
雛御膳予約受付中
宝善亭「雛御膳」2,800円(税込金額)
期間 期間中
予約・お問い合わせ
徳川美術館「宝善亭」
電話番号 052-937-0147

名古屋でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋のホテル・金山プラザホテル

名古屋へお越しの際は
名古屋ビジネスホテル・金山プラザホテルを是非ご利用くださいませ。

イベント情報, 美術館 | comments&trackback(0)

☆徳川美術館 特別展「尾張徳川家の雛まつり」☆

2013/02/13 10:15

~徳川美術館 特別展「尾張徳川家の雛まつり」~

○名古屋のホテル・金山プラザホテルスタッフブログ
会期
平成25年2月9日(土)~4月7日(日)

開館日時
10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日 月曜日

観覧料
一般1,200円 高大学生700円 小中学生500円
毎週土曜日は小・中・高校生無料

尾張徳川家に伝わる雛まつりの人形が並べられます
中でも「お嫁入り道具」は大名家にふさわしい華やかな
品々です。
春もそこまできているようなそんな華やかな行事です。


特別公開
千利休 泪の茶杓
2月23日 (土)~3月3日 (日)
天正19年(1591年)2月、豊臣秀吉に切腹を命ぜられた
千利休が、自からこの茶杓を削り、最後の茶会に用い、
古田織部に与えた。その後、古田織部はこの茶杓用に、
長方形の窓をあけた筒をつくり、その窓を通してこの
茶杓を位牌代わりに拝んだと伝えられる。 筒は総黒
漆塗で、これを垂直に立てると、いかにも位牌らしく
みえる。茶杓は白竹で樋が深く通り、有腰で、利休の
茶杓の中でもとくに薄作りに出来ている。
千利休-古田織部-徳川家康(駿府御分物)-初代義直
と伝来した。『玩貨名物記』所載。

特別企画「目で見る雛まつり -十二単着装公開」
平成25年3月2日(土)
①11:00~12:00・②14:00~15:00
会場:当館講堂
講師:財団法人 民族衣裳文化普及協会
入館者見学自由

特別展限定
雛御膳予約受付中
宝善亭「雛御膳」2,800円(税込金額)
期間 平成23年2月9日(土)~4月7日(日)
予約・お問い合わせ
徳川美術館「宝善亭」
電話番号 052-937-0147

名古屋でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋のホテル・金山プラザホテル

美術館 | comments&trackback(0)

☆★★徳川美術館 企画展 やきものの色とかたち☆★☆

2011/06/02 13:48

~徳川美術館 やきものの色とかたち~

○名古屋のホテル・金山プラザホテルスタッフブログ○

徳川美術館は、江戸時代の大大名・尾張徳川家伝来の宝物を
収蔵する美術館です。尾張徳川家は、徳川家康の遺品「駿府
御分物」をはじめ、初代義直以降の歴代当主やその家族の
遺愛品を伝えています。
開館75周年・開府400年記念の年を迎え、館蔵の名品に加え、
売り立て、譲与された尾張徳川家旧蔵の品、さらに、近年
寄贈を受けた作品をあわせて尾張徳川家伝来の名宝を一堂
に展観します

企画展示 
徳川美術館の名陶で楽しむ「やきものの色とかたち」

◇会期
2011年(平成23年)5月28日(土)~7月24日(日)

一口に「やきもの」と言っても、透き通るような青磁から
無釉の焼き締め陶、端正な形姿から歪みのある形まで、
土や釉薬の種類、製作地・時代の違いによってさまざまな
色や形の作品があります。
徳川美術館の所蔵品の中から、日本で「唐物」と呼ばれて
珍重された中国陶磁や、素朴な味わいのある朝鮮陶磁、
瀬戸・美濃陶をはじめとする日本のやきものなど、
さまざまな作品を通して、多彩なやきものの世界を紹介します。

開園時間 
10:00~17:00(展示室への入場は16:30まで)

休館日
月曜日

観覧料
一般 1,200円・高大生 700円・小中生 500円
(20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引)
毎週土曜日は小・中・高生入館無料

【展示物】重文
唐物茶壺 銘 「松花」 、       唐物茶壺 銘 「金花」
からものちゃつぼ めい しょうか からものちゃつぼ めい きんか
唐物茶壺 銘 「松花」 、     唐物茶壺 銘 「金花」

 

お問い合わせ先
徳川美術館 (10:00~17:00迄、月曜休館)
〒461-0023 名古屋市東区徳川町1017
TEL: 052-935-6262 /FAX: 052-935-6261
 
名古屋でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋のビジネスホテル金山プラザホテル

周辺施設情報, 美術館 | comments&trackback(0)

☆名古屋ボストン美術館 展覧会 「響きあううつわ」☆

2011/02/28 16:01

「響きあううつわ」―出光美術館日本陶磁コレクション―

名古屋ボストン美術館のやど 金山プラザホテル

響きあううつわ
―出光美術館日本陶磁コレクション―
<色絵花筏文皿>鍋島

期間 2011年2月26日(土)~2011年3月27日(日)
開館時間 
火~金曜日 10:00~19:000
土・日・祝休日 10:00~17:00
最終入館 閉館の30分前

休館日 
月曜日 (祝祭日、振替休日の場合は、その翌日)
年末年始

入館料金
一般 (前売り)800円、当日1,000円
シルバー・学生(前売り)600円、当日800円
中学生以下 無料

響きあううつわ
―出光美術館日本陶磁コレクション―

陶磁器と絵画の表現の調べ
―うつわに表されたモチーフやデザインは、時には
豪華な屏風や瀟洒な画帖から時には華やかな花鳥や
静謐な山水から、装飾豊かな色絵陶や斬新な構図の
磁器へ―

交流しあう絵画とやきものを紹介します。

珠玉の出光美術館コレクションから志野・織部などの
桃山茶陶、野々村仁清・尾形乾山に代表される京焼、
伊万里染付・古九谷・柿右衛門をはじめとする磁器と
屏風や絵巻をあわせ、89点により陶磁器と絵画の響き
あう表現をお楽しみください。

ボストン美術館でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋のホテル・金山プラザホテル

美術館 | comments&trackback(0)

☆メナード美術館「所蔵企画 シャガール版画展」☆

2011/02/18 08:39

◇メナード美術館「所蔵企画 シャガール版画展」◇

~名古屋のホテル・金山プラザホテルスタッフブログ~

期間 平成23年3月5日(土)~4月17日(日)
休館日 月曜日
開館時間 10:00~17:00
料金 大人800円 高・大学生 600円 小・中学生300円
愛と夢に満ちた世界を描き続けた画家、
マルク・シャガール(1887-1985)。その絵の中では、
神々も人も、鳥も魚も同じ場所に生き、自由に宙を
舞うことができます。

97年の生涯において、シャガールは版画制作にも
情熱を注ぎました。とりわけ後年は鮮麗な色彩の
リトグラフ(石版画)が多く生まれています。
本展では、カラー・リトグラフ集の傑作四作品より
全94枚の図版を展観いたします。

鮮やかに彩られた数々の場面をご覧いただきながら、
愛と幻想の世界をお楽しみください。
 
【関連イベント】

◇親子で楽しむワークショップ 「シャガール・レール」 
先着15組 申込受付中

シャガール版画 《アラビアン・ナイト》 をもとに、
想像した場面の絵をクレヨンやクレパスで描き、
セリフを作ります。
できあがったみなさんの作品をレールのように
つなげて アニメーション 「アラビアン・ナイト」
に仕上げ、後日会場で紹介します。

レールとは線路を構成する1つで、進路を誘導する案内路のこと。
講師:河村るみ (美術家)

2011年3月13日(日) 午後1時~4時 
アネックス・ホール(メナード美術館別館)

* 小中学生のみなさんとご家族2名1組(2名以上でも参加可)、
事前申込先着順15組。  材料は当館でご用意します。
参加無料(要入館券)

申込方法 当館受付、電話、FAX、E-mailの
いずれかでお申込みください。
定員になり次第、締切ります。
FAX、E-mailでお申込みの方は、次の内容を明記してください。

①「シャガール・レール」参加希望
②保護者の住所・郵便番号・氏名(ふりがな) ・電話番号
③参加される子ども全員の氏名(ふりがな) ・性別・学校名・学年

申 込 先
メナード美術館
TEL:0568-75-5787 FAX:0568-77-0626 E-mail:museum@menard.co.jp

◇音楽とバレエの物語 「ダフニスとクロエ」 先着60名 申込受付中

初恋の物語 《ダフニスとクロエ》 を荒川洋氏による
オリジナル曲を交えた構成で、三輪さんの生み出す
ダンスの世界とともに展開します。
出演:荒川洋 (フルート・新日本フィル首席奏者)
うえだよう (ピアニスト)
三輪亜希子 (コンテンポラリーダンサー)

2011年3月19日(土) 午後5時半~(約40分) 展示室2

* 入場整理券1000円(入館料含む)の事前申込が必要です。
料金は当日お支払いください。
申込先着順60名。当催しにご参加の方は、
午後7時までご覧いただけます。

申込方法 当館受付、電話、FAX、E-mailの
いずれかでお申込みください。
定員になり次第、締切ります。
FAX、E-mailでお申込みの方は、
次の内容を明記してください。
①「ダフニスとクロエ」参加希望
②参加者全員の名前(ふりがな)
③代表者の電話番号

申 込 先
メナード美術館
TEL:0568-75-5787 FAX:0568-77-0626 E-mail:museum@menard.co.jp

名古屋でのご宿泊は金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋のホテル・金山プラザホテル

メナード美術館

美術館 | comments&trackback(0)

☆名古屋市秀吉清正記念館特別展示「神になった秀吉・清正」☆

2011/02/16 09:03

◇名古屋市秀吉清正記念館特別展示「神になった秀吉・清正」◇
~名古屋の宿・金山プラザホテル~

名古屋市秀吉清正記念館

名古屋市秀吉清正記念館は、昭和42年(1967)5月に豊清2公顕彰館
としれ開館しました。昭和53年(1978)10月より名古屋市博物館
別館になった後、平成元年(1989)4月から改装のため休館し、平成3年
(1991)5月、名古屋市秀吉清正記念館と改称して再オープンしました。

秀吉と清正、かれらの生きた時代を紹介する、地域にねざした特色の
ある博物館で、その建物は図書館、文化小劇場との複合施設になって
います。

豊臣秀吉は1537年(天文6)に、この尾張中村(現名古屋市中村区)に
生まれました。このころ室町幕府が弱体化し、各地の戦国大名が
実力で領土を支配する戦乱の時代でした。秀吉は彼が仕えた織田信長
の統一事業を継承して、国内を統一し、新しい近世社会の形成に
大きな役割を果たしました。この秀吉の下で、加藤清正ら多くの
尾張出身の武将たちが活躍しました

秀吉清正記念館のある中村公園には秀吉生誕の碑、秀吉を祭神とした
豊国神社、秀吉ゆかりの常泉寺など秀吉一色です。清正生誕の地、
妙行寺も隣接しています。無料ですが見どころいっぱいです。

開館時間 10:00~17:00
休館日 毎週月曜日
入場料 無料
所在地 名古屋市中村区中村町字茶ノ木25番地
連絡先 052-411-0035

1547年 信長14歳 秀吉11歳 家康6歳
那古野城主信長、農家の子秀吉、織田家の人質家康
のちに天下人になる3人が、那古野(名古屋)に集結する。
この出会いが、その後の日本を大きく変えていくことになります。

名古屋市秀吉清正記念館特別展示「神になった秀吉・清正」
豊臣秀吉、加藤清正はともに尾張中村(現・名古屋市中村区)
に生まれ、戦国武将として歴史にその名を残しました。

彼らの武勇、出世に関するエピソードは数え切れないほど
ありますが、2人に共通する特徴として、ともに死後、
神として祀(まつ)られるようになったということがあります。
数多くの戦国武将の中で、この2人が神となり、その信仰が
現代まで続いている理由はどこにあるのでしょうか。
今回の展示では、神になった秀吉、清正に対する信仰の
歴史や特色を紹介されています。

豊臣秀吉画像
秀吉を神としてえがいた画像。
豊臣秀吉画像

豊臣秀吉木像
秀吉を神としてまつるための木像。
豊臣秀吉木像

阿弥陀峯豊太閤御墳坐図(あみだがみねほうたいこうごふんざのず)
明治1898年(明治31)、没後300年に再整備された、
秀吉の墓地近辺を紹介した絵図。
阿弥陀峯豊太閤御墳坐図(あみだがみねほうたいこうごふんざのず)

加藤清正坐像 江戸時代後期
清正を神としてまつるための木像。
加藤清正坐像

名古屋でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
古渡城跡も近くにあります。
電話 052-331-6411

名古屋の宿・金山プラザホテル

イベント情報, 美術館 | comments&trackback(0)

☆☆愛知県美術館 「カンディンスキーと青騎士展」☆☆

2011/02/15 08:09

◇愛知県美術館 「カンディンスキーと青騎士展」◇

~名古屋の宿・金山プラザホテル~

愛知県美術館 
レンバッハハウス美術館所蔵「カンディンスキーと青騎士展」
カンディンスキー[花嫁]

抽象絵画の開拓者ヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944年)と、
そのカンディンスキーをリーダーに、第一次世界大戦前のミュンヘン
で活躍したドイツ表現主義の芸術家グループ「青騎士」の展覧会です。
カンディンスキーの初期から成熟期までの展開を辿りつつ、青騎士と
その周辺の画家たちの仕事をご紹介してゆきます。

1910年代前半、カンディンスキーの絵画は具象を突き抜けて抽象の
次元へと入っていきます。そこでは深い精神性のもと、さまざまな
鮮やかな色彩がハーモニーを奏で、宇宙をも想起させるような表現
性に満ちた壮大な空間が実現されました。カンディンスキーはまた、
そのように自らの芸術を追求していく中で、しばしば組織としての
活動も熱心に行いました。1909年には、アレクセイ・ヤウレンスキー、
ガブリエーレ・ミュンター、マリアンネ・フォン・ヴェレフキンらと
ミュンヘン新芸術家協会を設立しています。アウグスト・マッケや
フランツ・マルクも後にこれに加入しました。しかし、協会内では
次第に保守的な傾向が強まってゆき、それに反発したカンディンス
キーは1911年、マルクやミュンターを伴って協会を脱退します。
そして彼らは同年に第1回青騎士展を開催し、青騎士を公に旗揚げ
します。1912年には第2回青騎士展を行い、また、前年より企画され
ていた『青騎士』年鑑も刊行しました。こうして青騎士は1914年の
第一次世界大戦勃発まで、ミュンヘンをヨーロッパの前衛芸術の
中心の一つにする注目すべき活動を展開したのでした。

今回の本展は、世界随一の青騎士コレクションを誇るミュンヘンの
レンバッハハウス美術館の全面的な協力のもとに開催されます。
同館の所蔵品から厳選した約60点(うち、カンディンスキー
約30点)によって、カンディンスキーと青騎士の芸術の精華を
覧に入れます。

会期 2011年2月15日(火)~4月17日(日)
会場 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間 10:00~18:00 金曜日は20:00まで
休館日 毎週月曜日
観覧料 一般1,200円 高大生900円 小中学生無料

【関連イベント】
◇記念講演会
「〈青騎士〉の今日性」(仮題)
 講師  松本 透 氏(東京国立近代美術館 副館長)
 日時  2011年2月19日(土) 13:30-15:00
 会場  愛知芸術文化センター12階 アートスペースA
 申込み不要・聴講無料(先着150名

◇ギャラリー・トーク(学芸員による説明会)
[日時]
2月26日(土)、3月12日(土)、
4月9日(土)の11:00-11:40
3月25日(金)の18:30-19:10
※申込み不要。観覧券をお持ちの上、
開始時刻に10階美術館ロビーにお集まりください

カンディンスキーの展覧会はなかなか見ることはできません
抽象絵画は?と考えの方もぜひ一度観てください。

愛知県美術館でのお泊りは金山プラザホテルへご予約下さい。
でんわ052-331-6411

名古屋の宿・金山プラザホテル

イベント情報, 美術館 | comments&trackback(0)