名古屋のビジネスホテル 金山プラザホテルスタッフブログ


calendar

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

archives

ふたご座流星群

2009/12/11 10:22

2009年のふたご座流星群

毎年12月14日ごろを中心に活動している流星群です。
年間三大流星群(しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群、ふたご座流星群)のひとつで、ひと晩で観測できる流星数が多いことで知られています。

これは流星群自体の活動度が高いことと、年間で最も夜の時間が長い時期に活動すること、輻射点が日の入りとともに東の地平線上に現われひと晩中見えていることによります。

極大期

今年はおおよそ14日の真夜中(15日0時)以降から15日の真夜中前(日本時間)にかけて最も多くの流星が出現するだろうと予想されていますが、ふたご座流星群の活動は数日間続きますので、極大の前後にも流星の出現が期待できます。

ふたご座流星群は初めて流星を観察するという人にオススメです
まず流星数が多いこと(1時間に15~20個)と夜中前(20時頃の早い時間帯から出現)にも流星が出現することが観察しやすい点です。

gem2004

また今年特にお勧めする理由は、月明かりの影響を受けることなく観察できることです。明るい月があると、暗い流星が見えなくなり、観察できる流星数は減ってしまうのです。同じ時期であっても月の状態は年によって違いますが、今年の状況は、月の出が13日の夜は(翌14日の)4時30分頃、14日の夜は(翌15日の)5時30分頃と遅い上に、月も細いため、ほとんど月明かりの影響を受けることなく流星を観察できます。

position

 

東の空を見上げて、今年最後の流星群をご覧下さい。

suzuki, 季節の話題, 趣味 | comments&trackback(0)

comments&trackback

trackback URL ;
http://www.kanayama-plaza.co.jp/blog/index.php/archives/5179/trackback