名古屋のビジネスホテル 金山プラザホテルスタッフブログ


calendar

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

archives

丸一国府商店

2011/06/25 13:30

名鉄瀬戸線、尾張瀬戸駅を出ると直ぐ目の前は瀬戸の新ランドマーク、パルティせと、さらにその先の交差点の反対側にあるのが旧来のランドマーク、丸一国府商店さんです。

(お店に伺ったのは土曜日で、お忙しい中突然の往訪にもかかわらずお話を聞かせていただいたのは国府由美子さん。ありがとうございました。)

 瀬戸丸一国府商店-外観

 

こちらは明治5年創業の老舗陶磁器店で、和洋食器を中心に日用品から業務用品まで幅広い商品を取り揃えています。お城のような特徴的な外観は、明治41年に建てられ長年瀬戸のシンボルとして親しまれており、建築関係の方がフラッと立ち寄り、写真を撮っていかれることも多いそうです。瀬戸川河畔の改修工事の際には、建物全体を数メートル曳き家されたそうで、その際には建物の耐震補強も施し、お店の方のそういった努力の結果、今でも風情のあるたたずまいを楽しむ事が出来ます。
店内は広く開放的で、様々な陶磁器が陳列してあります。日本の伝統家屋に和食器が並んでいる様は、お互いを引き立てあい、最強の組み合わせだと思います。

瀬戸丸一国府商店-店内 

 

パッと目に留まった黒織部。織部と言えば緑が一般的ですが黒もお洒落でいい感じです。

瀬戸丸一国府商店-黒織部

 

店内には狸と蛙が隠れています。陶器のスピーカーもあったり、ほんとにいろんなものがあります。見ているだけでも楽しいお店です。

 

瀬戸丸一国府商店-狸瀬戸丸一国府商店-蛙

 

≪陶器市情報≫

 毎年9月の第2土、日曜日にはせとものまつりが催されます。瀬戸川の両岸沿いにたくさんのテントが並び、さまざまな陶磁器が定価の3割~5割引で販売され、毎年約50万人ほどの人で賑わいます。“せともの”の故郷の陶器市へお出かけしてみてはいかがですか?

 

名古屋へお越しの際は
名古屋ビジネスホテル・金山プラザホテルを是非ご利用くださいませ。

ihata | comments&trackback(0)

comments&trackback

trackback URL ;
http://www.kanayama-plaza.co.jp/blog/index.php/archives/11318/trackback